【神の雫 登場ワイン】’82年 シャトー・ムートン・ロートシルト (Ch.Mouton Rothschild)

スポンサーリンク
お名前やメッセージをお酒のボトルにお入れしてオーダーメイドの彫刻ボトルをおつくりしています。

漫画「神の雫」第1巻より

漫画「神の雫」で2番目の紹介されたワインが、1982年 シャトー・ムートン・ロートシルト (Ch.Mouton Rothschild)になります。

’82年 シャトー・ムートン・ロートシルト (Ch.Mouton Rothschild)

1982年 シャトー・ムートン・ロスチャイルド

最近は、ロートシルトというよりも、ロスチャイルドと英語読みをする事が多いように思います。

Error: Failed to retrieve data for this request.

しかし価格は20万円~60万円とすごい幅がありますが、どのみち飲めない価格なのは間違いありません(^_^;) でもこんなに貴重なワインが普通にネットで購入出来るのは日本がそれだけ豊かな国なのかもしれませんね。

一度は飲んでみたい夢のようなワイン、シャトー・ムートン・ロートシルト1982年のラベルは、映画「白鯨 Moby Dick (1956)」「許されざる者 The Unforgiven (1960)」で有名な映画監督のジョン・ヒューストンが描いています。

’82年 シャトー・ムートン・ロートシルト (Ch.Mouton Rothschild)

すいません、絵心が無いのですがこれは羊が踊っているって事で良いのですかね?(^_^;)

シャトー・ムートン・ロートシルトは毎年有名なアーティスト(芸術家)にラベルを描いてもらうという事でも有名です。

1970年シャガール
1973年パブロ・ピカソ
1975年ウォーホル
1979年堂本尚郎

この辺りなら誰もが知っている方ですよね。

5大シャトーのワイン

このワインはかなり長期熟成が必要なワインだと言われていますけど、実際に飲んで飲み分ける自信なんて当然のごとくありませんが、飲んだという満足感だけはかなり得られますよね。というか実際にこんな良いワインを飲むシチュエーションになったら緊張して味なんて解らない状態になっていそうです。5大シャトーのワインが解るほど高価なワインなんて飲んだ事もありませんし。

漫画では主人公の神咲雫が恐れをなしてグラスごと落として去っていくシーンが描かれていますが、そこまで敏感にすごいワインだという事が解るって事はすごい事ですよね。

1度は飲んでみたいワインです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です