【神の雫 登場ワイン】’00年 オーパス・ワン(OPUS ONE)

スポンサーリンク
お名前やメッセージをお酒のボトルにお入れしてオーダーメイドの彫刻ボトルをおつくりしています。

漫画「神の雫」第1巻より

漫画「神の雫」で4番目の紹介されたワインが「2000年 オーパス・ワン(OPUS ONE)」です。以前紹介している2001年 シャトー・モン・ペラと比較して、主人公の神咲 雫曰くシャトー・モン・ペラの方が上手いと言われてしまった高級ワインです。これ、OPUS ONE Wineryからクレーム来なかったのかな?と余分な事を考えてしまいました。ある意味、営業妨害。

でも、ワインが美味い不味いだけで値段が決まる訳では無い事は周知の事実ですし、人によって好みがあるのだから安い高いというだけで自分にあったワインが決まる訳でも無いですよね。でも、オーパス・ワンは1度は飲んでみたいワインです。

2000年 オーパス・ワン 現在の価格

神の雫では2万円以上すると言われていましたが、今では5万円くらいになっています。これを書いた時点で最安値は43800円(税込み)となっていました。

Error: Failed to retrieve data for this request.

中々手が出ない価格ですよね。他のビンテージでも似たような価格になっています。でもオーパス・ワンの良いところはハーフボトルも割りと日本で流通しているところではないでしょうか?ビンテージにこだわらなければ26000円くらいでハーフボトルは購入する事が出来ます。

少しインチキ オーバチェアをオーパス・ワンとして販売

オーパス・ワンは飲めないけど、セカンドワインなら飲めそう・・・と考える人もいますよね。オーパス・ワンのセカンドワインと言えば、オーバーチェアというワインが有名です。セカンドワインと言っても2万円はするんですけどね。

でも、このオーバーチェアをオーパス・ワンと言って販売しているところは少なくありません。知っている人ならラベルを見ればすぐに解りますが、有名だから名前だけで探した人にはオーパス・ワンと勘違いして購入してしまう人もいるのではないか?と思ってしまいます。これはインチキだよな~って常々思っていました。

きちんと、商品名にオーパス・ワンだけではなく、オーバーチェアと入れておかないとダメですよね。

最新ビンテージを購入するのなら

オーパス・ワンは好きな人には本当に好きなワインらしくて、毎年最新ビンテージを手に入れて飲んでいる人もいるとか。最新ビンテージで品質の良いものが欲しいのならやはりエノテカではないでしょうか?
iconicon
エノテカ オーパス・ワン 2011icon

ワインはやはり保存状態の良いものを購入したいと思う人は多いので、そういう時はそれなりの大手から購入した方が安心です。

飲んでみたいけどさすがに45000円は出せない・・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です